www.kawasakihikari.com

カードを機能停止する際の手続きそのものは意外に簡便な作業なのですが、使用不可能化する手続きを行う前に見ておきたいいくつかの留意点なども忘れないでおくだけで、カードの解約をうまく終わらせることが可能になるでしょう。列挙して記してみましたのでもしもの時は参照して頂ければ、と思います。カード発行を完了させた後半年も経たずすぐに契約解除申請してしまうのは非推奨〉クレジットカード申請したあと時間を置かないで即座に手に入れたクレジットを機能停止を行った場合、悪質な顧客としてカード会社によって認識されるアクシデントがある(極端な想定ですが何度にもわたり発行、試用不可能化するということをやってしまったという場合)。実際に契約成立時のギフトカードのプレゼントのゲットが目的である申請の場合ギフトカードあるいはサービス・ポイントなどという加入特典を残らずゲットしたというような理由で即座に契約解除の作業をしたいと思うようになるような意向もうなずけますが当事者側の論理において推察すると迷惑な利用者には決して社の用意するクレカを保有されて欲しくないと判断するとしても不自然ではありません。そのため、あくまで作成時の優待券を狙ってカードという代物を契約してみたとしても、すぐに解約しないで少なくとも6ヶ月、出来れば契約後1年クレジットについては有効にしてその後解約するということを推奨致します。もしくは入会時の優待券に限ったことではなく何となく作成して財布に入れてはみたが使わないから今すぐにでも使えなくしたい・・・などと考えてしまう様なときにあっても、発行してから半年経過するまではクレカを保有するようにしておいてください。クレジットを受け取るが思っているよりもクレジットカードを新しく交付する際にかかるマージンというのはかかってしまうものだと理解して、ほんの気持ち程度の楽をさせてあげようと相手を気遣って頂けるのならばお互い悪い気分にはならないように思います

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kawasakihikari.com All Rights Reserved.