www.kawasakihikari.com

車を売る際、また車両の処分の時も印鑑証明が必要です。この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。印鑑証明とはある印鑑が実印として認められているということを証明するための書類です。これがない場合には、その印鑑について実印として認められているという事実が実証できません。大きなお金が動く売買になる車両の売却ですのでどうしても実印が必要になりますがその時に印鑑証明というものが要るのです。印鑑証明を発行するには、まずは印鑑証明しておかなければなりません。印鑑証明書に登録するはんこは普通、実印と呼ばれていて世界で唯一のはんこである必要があります。この印鑑を手配して、役所の受付へ出向けば、印鑑登録できます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものが交付され印鑑登録手続きをした印は実印になったということになります。印鑑証明書を交付してもらうには、役所の案内係で印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入して印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。それに自動交付機を使って印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限はないのです。そのためいつの印鑑証明でもその効力はあるということになります。ですが車売却のときには、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。ほとんどのケースで有効期限などはありませんが、車の売却時には相手側が有効期限を定めていますので仮に車の買取を考えているのならばあらかじめ手元に置いておく必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kawasakihikari.com All Rights Reserved.