www.kawasakihikari.com

クレジットカードを利用していると月ごとに、契約カード会社から利用代金明細が届きます。利用代金明細を保管しておけばどこのショップで何時ごろカードをどれだけ費やしたのかについての詳細が記載されているため、過去のそのクレジットカードを使って払った一覧を一目するに実にわかりやすく実用的です。これだけで運用するにはちょっと不便かもしれませんが、ちょっとした出納帳のような感じとして見ることも難しくないので、貯金管理の味方にもなるはずです。この利用明細送られてからおおよそ一か月後経つか経たないかでカード代金の振り込みが行われるわけです。つまりは手元のクレジットカードご利用明細をよく注意していて身に覚えのない場所例をあげると使ったこともない項目がリストにあれば、電話をして尋ねればOKなんです。それでクレジットカード詐欺のようなありえないカード使用が発覚した場合でもカード利用者に問題がないようなら通常の場合はカード会社がそのあやしい項目をあてがってくれます。現在ではこの価値の高いカード利用明細書をインターネット上で照会できる会社が一般的になっています。どんなサイトでどういったものを買ったかを把握しておくようにして不正を防止するだけでなく収支記録の代わりとなり資産管理等もこれで足りてしまいます(WEBページで使用履歴を確認OKなカード会社は前の決済履歴や利用可能ポイント数といったことも照会できるようになっています)。カードはこういった観点からも非常に力になる武器と言えるでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kawasakihikari.com All Rights Reserved.