一年以上の出資が原則とされているものです

FXで投資する魅力は、単品の投資の商品であるが資金投下の期間を短い・普通・長いのうちどの種類を選定するかにより投資の仕方がまったく変わるということにあるのです。にこるんのニキビ洗顔

まず外国の貨幣へ投資の「長期」を考えましょう。過払い金 請求 借金整理

長期のスタンスは、一年以上の出資が原則とされているものです。車 売却

だいたい為替相場においては一年も経過した後の為替のレートが円高だろうか、もしくは円安だろうかを連想するなんていうことは多くの場合無謀に違いありません。裏動画

当然「そんなに後の状況は予想できない」と思うのが現実だと思います。アンボーテ

未知なことを懸命に考えようとしても、そんなことは無謀なものです。にこるん にきび 洗顔

そういったことから、外貨を買い、そのレートよりも円が高くなったとしても近い将来円安に戻るはずだくらいの思いでやり取りに参加することが必要です。新宿 ダイビング

為替の利益を無理に狙うことではなく、他の差益要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるということを初めの目的と決めてやってみましょう。暇つぶしちゃんねる

無論為替変動の損失がすごくなることもあります。激安 名刺

そういう訳で、このような損失にも大丈夫なようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限で売買することは大切です。

外国為替証拠金取引は損失が一定額よりも大きく更に広がると追加保証金(追い証)が発生したり、もしくは損切りになってしまったりします。

ロスカットをすることになったらさっさとやり取りを決済せざるを得なくなり、長期投資ができなくなります。

この手のリスクを回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定してやり取りするのが良いでしょう。

2番目に中期の投資での売買を考えてみましょう。

中期のスタンスでは一番長くても1?2ヶ月位先を見越してのやり取りをします。

為替売買の場合は、約1ヶ月くらい先のことは、ほとんどの場合予想可能なケースが多いでしょう。

G7などの公式の閣議の話題、マーケットに参加している人たちが何をことに着目しているかを聞けばおおかた、見通しがきくでしょう。

このような経済の状態を見る一方、グラフをチェックすることによって、レートの動きをわかるようになり、どちらのポジションかを判断するといいでしょう。

基本的に、経済の状態とテクニックのどちらでも良い方向でありもしくはどちらも買い傾向が一致している時は、だいだいジャッジした通りに行くと思って良いです。

その場合ポジションを増やすことでより一層高い儲けを獲得できるでしょう。

3つ目に短期のトレードの重要点。

この短期のトレードとは言うなればデイトレーディングを意味しています。

為替市場でデイトレードを行う場合ファンダメンタルズはいっさい関連がないと断言します。

というのもあくる日の為替相場の動きに経済の状態は関連がないからです。

この時のコツは大きなイベントがありそれに影響されてレートが目立って変動する瞬間を待ってトレードすることです。

例を挙げると、米国で雇用統計が公示される、それとも金融会議等により金利が変化するほどのこと。

このように大事な機会に変動を見逃さないとのわけで、短期スタンスは技術的なデータが欲しいところである。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kawasakihikari.com All Rights Reserved.