※破産財団となる相続財産を秘密にしたり

免責不許可事由というのは自己破産手続きの申立人に次のような項目にあたっている場合はお金の免除は受理しないとの原則をならべたものです。懸賞援助

ということは、極言するとすれば弁済が全く行き詰ったような人でもそれに該当しているなら負債の免責を却下されてしまう場合があるということになります。40代 不倫

つまりは破産申告を出して負債の免責を得ようとする方にとっては、最大のステージが「免責不許可事由」ということになるわけです。コンブチャクレンズ 口コミ

下記は主となる要因の概要です。ナースバンク 大川市

※浪費やギャンブルなどで著しく財産を乱用したり、膨大な借金を抱えたとき。太る方法 女

※破産財団となる相続財産を秘密にしたり、毀損したり債権者に不利益を被るように譲渡したとき。ダイエット

※破産財団の負債を虚偽のもとに多く報告したとき。大阪での医療脱毛には

※自己破産の責任を有するのに、その貸し手にメリットを与える意図で資産を受け渡したり弁済期より前に負債を返したとき。73-14-71

※ある時点で返せない状況なのに、現状を偽って債権を有する者を安心させて続けてローンを続けたりクレジットカードなどを通して高額なものを決済した場合。

※ニセの債権者の名簿を裁判に提示した場合。

※借金の免除の申請から過去7年のあいだに借金の免除を受けていた場合。

※破産法が求める破産した者に義務付けられた点に違反したとき。

上記8つのポイントに含まれないのが免責の要件ですがこの概要だけで実際の事例を想像するには、ある程度の知識と経験がなければ難しいのではないでしょうか。

厄介なことに浪費やギャンブル「など」と記載していることから分かるとおり、ギャンブルといってもそれ自体数ある中のひとつでギャンブルの他にも実際例として書かれていない状況が山ほどあるというわけです。

実際の例として挙げられていないものは、各ケースを指定していくと限界があり例を定めきれなくなるときやこれまで残っている裁定に基づく判断があるので、それぞれの申請が事由に当たるかどうかは法律に詳しくないと一朝一夕には見極めが難しいことがほとんどです。

いっぽう、まさか自分が免責不許可事由になるなどと思いもしなかったような場合でも決定をひとたび出されてしまえば判決が元に戻されることはなく、負債が残ってしまうばかりか破産者となる立場を7年間負うことになるわけです。

ですので、免責不許可による悪夢のような結果に陥らないためには、破産宣告を選択しようとしているステップでほんの少しでも判断ができない点や不明な点があるようでしたら、ぜひ専門家に声をかけてみることをお勧めします。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.kawasakihikari.com All Rights Reserved.